トップ > 初めてのカードローン > 店員に言われるまま簡単にカードローンに申し込んで

店員に言われるまま簡単にカードローンに申し込んで

自己破産を2回経験

38歳女性、一人暮らし、バツイチ、現在就活中で、自己破産を2回経験しています。いままでは、アパレル業界やゲーム業界などで働いてきました。最初にカードローンを利用した18歳のときは、コンパニオンをしていました。

店員に勧められるまま気軽にローンを

当時はまっていたスノーボードの道具を一式購入しようと友だちと買い物に行ったのですが、手持ちがないと言うと店員からショッピングローンを勧められたのです。そのころはクレジットカードも持っていなくて、言われるまま審査に通ってカードが作れるならと、深く考えもせずにローンを組みました。

社会人ならクレジットカードの1枚くらいはと

収入はかなり不安定な状態でしたが、一応社会人として一人暮らしをしていたので、ローンを組むときも別に両親にも相談などはしませんでした。と言うか、知られたくなかったです。友だちにはカードを作ることを相談したけど、「社会人なら一枚くらい持ってたほうが便利だよ」と言われました。とりあえず、ローンの審査が通るかどうかか心配でした。コンパニオンという固定給がある職業ではなかったので。ローンを組むことについては、なんとかなるだろうと、さほど心配はしていなかったです。

あまりにも簡単に借金できたために感覚が麻痺してしまい

最初に、簡単にローンの審査に通って、本当に簡単にお金を借りられたので、そのうちどんどん限度額まで使うようになってしまいました。最初はショッピングローンだけでしたが、家賃も滞納するようになってしまい、キャッシングローンもいつの間にか限度額まで使うことになっていました。限度額まで使っては他のクレジットカードを作れるところを探し、片っ端からカードを作っていき、最高5〜6社のクレジットカードを持っていました。中には消費者金融も2件ありました。

返済のためにまた借金という最悪の状態に

当然、返済額がどんどん膨らんでいき、返済がままならないと他のクレジットカードで返済しようと、どんどん借りる会社が増えていったという状態でした。返済方法は最初、口座引き落としでしたが、引き落としができないと電話とはがきで通知が来て、振り込みで返済することになりました。

いまはカードも作れずやり繰りの勉強中

はじめは軽い気持ちでカードを作ったのですが、やはり借金は借金です。必要最低限だけにとどめて、返済は分割するのではなく、一括で返したほうが利息も低く済みます。いまは、自己破産もしたのでカードが作れず不便ですが、やり繰りの勉強にもなっています。