トップ > 初めてのカードローン > ブラック職場で体調を崩しカードローンを頼ることに

ブラック職場で体調を崩しカードローンを頼ることに

身体が丈夫ではないのであまり働けない

20代の女性です。百貨店での接客販売、パチンコ店の店員、サンプリングのアルバイトなど、割と色々な仕事を経験し、現在はコールセンター勤務に落ち着きました。元々あまり身体が丈夫ではないこともあり、ここ数年はマイペースに働いています。一人暮らしで、うさぎ一匹と暮らしています。

ブラックな職場で体調を崩し

パチンコ店に勤務していた21歳のとき、私は初めてカードローンを利用しました。そこは月に4日ほどしか休めないというブラックな雰囲気の職場で、体調を崩して仕事を続けられなくなったからです。仕事を辞めれば収入がなくなるので、やむなく借金という形になりました。

審査に通るか不安だったけれど無事に借りられた

初めてお金を借りるときは、とにかく審査に通るかどうかが不安でした。深夜に無人契約機で申し込んだのですが、当時はテレビ窓口もなくて、ネットでの申し込みも私は知らなかったのですが、いま思えば普通の窓口で契約したほうが安心だったのかな、と思います。ただ、審査もカード発行もその場でできたので、思ったより手続きは簡単でした。そのカードで本当に現金が引き出せたときは、ちょっと感動しました。

返済にはそれほど困らずにすんだ

返済は毎月振り込みでした。元々忘れっぽい性格でよく2〜3日遅れてしまっていましたが、電話がかかってくるようなことは意外となかったです。返済に遅れると延滞金がかかりますが、私は借入額も少なかったので微々たるものでした。

いまはさらに借金しやすいイメージが

私が利用していた頃(6〜7年前)は、カードローンというとかなりマイナスイメージでしたが、ここ最近はテレビでCMもたくさん流れるし、スマホから簡単に申し込みもできるので、かなり利用しやすくなったように感じます。ただ、その分お金を借りることに対して、軽い気持ちになってしまいがちのように思うので、借りる前に色々考えるべきだとは思います。

手軽に借りられてると言っても慎重になるべき

きちんと返済できるかどうかはもちろん、そもそもカードローンを利用する必要が本当にあるのかどうか考えるべきです。利用せざるを得ない場合でも、不安なことはなるべく解決してから申し込むのが得策です。身近な人にはなかなか相談できないかもしれませんが、ネットで調べたりコールセンターで聞いてみたり、方法は色々あるので、気が済むまで調べてみてください。お金のことは一歩間違うと後々大変なので、くれぐれも慎重に、賢く活用してほしいと思います。